平和の祈り

カドーシュ カドーシュ カドーシュ ヨッドヘー ヴォッドヘー ツェヴァオット メロー ホルハアレツ ケヴォドー

 

 

 

 

 

 

法坐にはいる前に

 

はじめに

 

神にとどけ平和への祈り 

 

もろもろの想いに攻撃されながらも、不可知の雲のほうへさしのべられた小さき魂の愛

 

この不可知の雲という書にふれて

 

小生の心は打ち震えるばかりであった。

 

 この書は聖ボナベントーラ、エックハルト、十字架のヨハネとならぶ中世神秘主義の代表的傑作とされている。75章にわたるその内容は、キリスト教の否定神学、すなわち、ブッダ親説に通ずる内容であることに気づく。
 死のふちにたつものへの最後の魂の救済の書なのかもしれない。 

 

 しかし、この書に
 熱望する愛の鋭き投槍を以て
厚き不可知の雲を射よ
 光輝に満ちた輝ける聖闇の世界と
人間性の知解の限界を超えた霊的絶対者たる神との完き合一のために
 聖寵のマントラをかかげよ

 

 とある。そのマントラとは、なにか?

 

 「神」「愛」のように短い音節をマントラにようにとなえよとしかなく、マントラそのものは記されていなかった。

 

 「神」「愛」たしかに、そうかも知れないが、それでは、これまでも言い古されている。

 

何かあるなら示し給え。そう祈ると、側にあったJJ.ハ−トック博士の『エノクの鍵』に手が触れ、バサリと机から落ちて、開かれたページに、ヘブライ語の祈り文が示された。

 

 そこで、確かかどうか確かめるべく初めてヘブライ語の祈祷書を調べて見る。確かに 旧約聖書イザヤ六章三節にこの祈りの言葉が記されていた。

 

 

 小生、真言宗の末徒であるから、ブライ語ののことは皆目わからない。しかし、あまりにも奇遇であったので、ヘブライ語辞典やヘブライ聖書対訳シリーズを根拠にこのエノクの鍵にあった祈りの文を調べて見た。正確な引用であった。そこで、天啓のマントラと思い。先ず書き写してみる。

 

 

 

そして、毎日、本堂で修法する紅玻璃秘法にこのヘブライ語の祈りの文をマントラとして300遍称えることを加えている。
また、毎朝読経する般若理趣経の「ビルシャナブツ」念仏にこの祈りの文を加えるとヒビキが響応するように感じるのである。
プーチンの戦争を止めるには人類はその能力にかなりの制約があり、世界が巻き込まれかねない大戦争が一触即発の状況にある。

 

 これを止めるのは、不可知のから毘盧遮那如来すなわち主なる神のちからに依るしかない。
 そう感じて、導かれるまま記す。所詮アクタモクタに過ぎない小生の無能はどうあがいても無益であろう。しかし、人ごとではない。

 

 ところで、イザヤ第6章3節にはどのようなことが書かれてあるのであろうか。門外漢の私は、その内容に触れて、戦慄が走った。 聖書の文脈がわからないので理解に苦しむところであるのだが、その描写には、いまのウクライナの惨状が描かれているとしか思えないヶ所がある。イザヤ第6章3節をみて戦慄が走る!

 

 『イザヤ書』第 6 章 3節
1ウジヤ王の死んだ年、わたしは主が高くあげられたみくらに座し、その衣のすそが神殿に満ちているのを見た。
2 その上にセラピムが立ち、おのおの六つの翼をもっていた。その二つをもって顔をおおい、二つをもって足をおおい、二つをもって飛びかけり、
3 互に呼びかわして言った。「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、万軍の主、その栄光は全地に満つ」
4 その呼ばわっている者の声によって敷居の基が震い動き、神殿の中に煙が満ちた。
5 その時わたしは言った、「わざわいなるかな、わたしは滅びるばかりだ。わたしは汚れたくちびるの者で、汚れたくちびるの民の中に住む者であるのに、わたしの目が万軍の主なる王を見たのだから」。
6 この時セラピムのひとりが火ばしをもって、祭壇の上から取った燃えている炭を手に携え、わたしのところに飛んできて、
7 わたしの口に触れて言った、「見よ、これがあなたのくちびるに触れたので、あなたの悪は除かれ、あなたの罪はゆるされた」。
8 わたしはまた主の言われる声を聞いた、「わたしはだれをつかわそうか。だれがわれわれのために行くだろうか」。その時わたしは言った、「ここにわたしがおります。わたしをおつかわしください」。
9 主は言われた、「あなたは行って、この民にこう言いなさい、『あなたがたはくりかえし聞くがよい、しかし悟ってはならない。あなたがたはくりかえし見るがよい、しかしわかってはならない』と。
10 あなたはこの民の心を鈍くし、その耳を聞えにくくし、その目を閉ざしなさい。これは彼らがその目で見、その耳で聞き、その心で悟り、悔い改めていやされることのないためである」。
11 そこで、わたしは言った、「主よ、いつまでですか」。主は言われた、「町々は荒れすたれて、住む者もなく、家には人かげもなく、国は全く荒れ地となり、
12 人々は主によって遠くへ移され、荒れはてた所が国の中に多くなる時まで、こうなっている。
13 その中に十分の一の残る者があっても、これもまた焼き滅ぼされる。テレビンの木またはかしの木が切り倒されるとき、その切り株が残るように」。聖なる種族はその切り株である。

 

 イザヤ書が示す深い意味は聖書を知らない小生には到底計り知れないところがある。そもそも善と悪の戦いとはいえ戦いは暴力でしかない。ではなぜ、いまこれを示されたのか?
 忘却の雲の下に繰り広げられ現象界と不可知の雲の下に繰り広げられる神々の世界に繰り広げられる欺瞞に満ちた搾取と暴力が止まなければ光りはなく無明があるばかりであるというのであろうか?

 

 「カドーシュ カドーシュ カドーシュ ヨッドヘー ヴォッドヘー ツェヴァオット メロー ホルハアレツ ケヴォドー」のヒビキは
 不可知の雲を貫き通す神の愛が神々の世界地上の世界に真の安らぎをもたらす気づきの光りであること願わざるを得ない。

 

聖なるかな 聖なるかな 聖なるかな

 

主なる神よ 

 

地球全体が神の栄光に満ちますように

 

 

 しかし、残念ながら、世界は、ウクライナに軍事侵攻するプーチンの戦争を止められなかった。

 

 小生は、無力を感じながら、3月16日、ロシアのプーチンが、あらゆる規範を覆し、欺瞞に満ちたプロバガンダによる最悪の戦争を仕掛ける最中、最も凄惨で非人道的破壊攻撃を受け壊滅的非常事態にあるウクライナのゼレンスキー大統領が決死の覚悟でアメリカ議会にむけて講演するのをまのあたりにした後、床に就き、静かに、突然、神の導きにより与えられたこのヘブライ語のマントラを唱え、戦争の停止を祈ろうとしていた。
 なんと!唱えた途端、23:36 突然、グラグラときて、全てが崩れ落ちるかと思われるほどの震度六強の地震に見舞われた。停電し、真っ暗闇。あちこちで救急車や消防車のサイレンの音が鳴り響く。必死に見回れば、寺の大きな灯油タンクg倒れ漏れだしている。石灯籠や石塔・・・、町内は石倉やブロック塀、古い木造の建物は全壊状態。全壊した寺もあります。家中散乱状態のなかこのような被害に気づいたのは明け方漸く電気が付いてからであった。賽の河原状態。揺れた瞬間状況は察知されるから、火事や怪我がなかったのが幸いであった。少しづつ片付けていくしかない。
 しかし、触れてはいけない祈りに触れてしまったという畏れは全く無い。むしろ、かえって、この祈りを唱えなければならないという思いは強かった。

 

 

 聖なるかな 聖なるかな 聖なるかな 主なる神よ 地球全体が神の栄光に満ちますように
 は 不可知の雲からの神の恩寵である。

 

一刻も早い戦争終結と平和のため 常時 繰り返し唱えざるを得ない。

 

何故か、密教の修法中に この、カドーシュ カドーシュ カドーシュ ヨッドヘー ヴォッドヘー ツェヴァオット メロー ホルハアレツ ケヴォドーが 繰り返し響き、理趣経の念仏ビルシャナブツ・ビルシャナブツと響応してくるのである。


page top